27歳にしてスタートした英語がどこまで成長できるかということを書いていこうと思います。また、その日に勉強したことについてと投稿することもあるので、ご自由にコメント欄にお書き込みください。2018年よりワーキングホリデーをする予定です。また英語以外にも、野球、柔道、ソフトボールなど私の趣味についても投稿していきたいと思っています。高崎経済大学経済学部経済学科卒業。群馬県在住。

第223回TOEICを受けて

さて、自分自身 TOEICの受験が5回目となりますが、最近は英検の方にシフトしていたのであまりTOEICの勉強がはかどりませんでした。

 

とりあえず意識することはPART5の文法問題をダッシュで終わらせるww

 

それを目標に頑張ろうと思っていました。

 

 

話が変わりますが、4月の留学より読み続けていた速読英単語上級を読み終えることができ、見出しくらいではありますが、単語も覚えることができました。

 

その成果からか!

文章がとてもわかりやすく感じ、スムーズに読むことができました。塗り絵もいつもは20問くらいありましたが、今回は10問!!リスニングの先読みでもそれはすごい役に立ちました!

 

 

点数がどのくらい取れているかはわかりませんが、自分の中の成長を感じることができた一回になったのではないのかな?と思いました。

 

 

高負荷トレーニングみたいな感じで難しいものに取り組んだ成果でしょう!

速く正確に!が必要とされる中、思った以上に速く読めたのが今回のTOEICでした!

 

 

来月は高崎で試験がないのでお休みです。

その代わり英検があるのでそれに向けて頑張ります!

留学経験

私はこの1年で2度の留学生活を送りました。

 

まず1度目はフィリピン留学。

約半年、セブ島にある語学学校で勉強しました。

もちろんその頃の英語力はあってないようなもの。私の英語は高校1年の時に運良く取った英検準2級で止まっていましたから。

なぜアメリカでもイギリスでもなくフィリピンを選んだかというと・・・

 

完全にコスパです(笑)

 

「フィリピン留学 格安」「フィリピン留学 最安」

と言うように、検索して出てきた語学学校の中でも一番良さそうなところを選びました。

学校の詳細はまた別の投稿で書きますが、授業料、宿泊費(4人部屋)、食費込みで1か月9万円でした!

授業は1日マンツーマンが4時間、グループが2時間、自由参加のイブニングクラスが4時間とものすごく充実し、また自分で授業を選択できるという強みもありました。学生の年齢層は若者から年配の人まで多様で、日本人か日本語が話せる外国人しかいませんでした。

 

そして2つ目はロサンゼルスにある語学学校。

 

こちらもまぁ値段の安いところを検索。

理由はもちろん英語を学ぶということもありましたが、WBCを現地で見たかったからというのもあります。

こちらはGrammar, Reading,Speakingの3時間に分かれており、午前中で授業が終わるといった感じでした。また、私のクラスは日本人の他に韓国、中国、台湾、ブラジル、タイといった多くの国籍からなるクラスで、1クラス15人ほどで編成されていました。

またクラスは7段階+TOFELクラスがあり、私は先の留学の成果もあり、レベル5に所属していました。ちなみに同じ時期に日本人が10人以上入学しましたが、レベル5に入ったのは私だけでした(笑)

授業料も3時間しかないので安く収まりましたが、学生寮の料金と食費を合わせると、セブ留学の倍はかかりましたorz

 

やはりガッツリ英語話したい!コスパがいいとこ行きたい!と言うならフィリピン留学をオススメします!

私の学校は運良く英語に熱意のある学生が多く、色々アドバイスをいただいたおかげで成長することができました。

ロサンゼルスでは英語の他にも色々経験したい若者が多く、自称「英語ガチ勢」の私からすると、ウルセェなwってなっていることも多々ありました。

ただある程度英語力があって、自分で色々切り開いていける力がある人やお金に余裕あって経験を重ねたいという人にはオススメかと思います。

 

もちろん一長一短ありますが、どちらも自分を大きく成長させてくれた場所なので、また行きたいなーってなってます。これ書きながら。

 

日本にいるより海外にいた方が勉強に集中できちゃうあたり私はまだまだ甘いですけどねー!

映画鑑賞

f:id:summer_ta89:20170824212918j:plain


たまたま映画みたいな〜なんて見ていたら、市内の映画館で「The Founder」という映画が面白そうだったので、見に行きました。

 

もちろん映画学習中の私は日本語字幕を見つつどれだけ理解できるか、ということに挑戦しつつ。

 

 

内容はマクドナルドがどのようにして世界中に広まっていったのか?と言うことだったのですが、やっぱり勉強したことはしっかり聞き取ることができたのじゃないかなって思います。

 

むしろこの前見た「ドクターストレンジ」よりは理解できました(笑)

 

まぁ見る前にマクドナルドの歴史をしっかり理解するべきだったかな〜とは思いましたが、自分としては最後まで楽しむことができました。

 

もっと映画を見る癖をつけて、耳を慣らさないといけないと思いました。

毎日の積み重ね

f:id:summer_ta89:20170817232241p:plain日々の忙しさに忙殺され、やるべきことができなかった。

 

達成している人からすればそんなのはただの言い訳。

 

はい、久しぶりの投稿です(笑)

 

TOEICの結果が返ってきましたが、撃沈しました。

 

リーディングはでも予想通りの点数でしたが、リスニングが足を引っ張ってしまいましたね。

 

日々の勉強が新しい単語との出会い!ですが、出会いすぎて整理がついていない状況では前に進むことができません。しっかりと定着するまで何度も見返し、声に出して音読をする。それが近道ですね。

 

TOEICもそうですが、僕の当面の目標は英検なのでしっかりと語彙力を身につけ、しっかりと応えられるようにしていきたいと思います!

 

最近速読英単語を定着させるためにもう一度最初から読み始めました。何個か抜けている単語はあったにせよ、1回目よりスラスラ読めている気がするのは、毎日続けてきたからに他ならないと思います。

 

難しい文章を読むのはストレスがかかりますが、その文章を簡単に感じるようになった時、自分の中で小さな成長が実感出来る瞬間です。

 

勉強中は常にポジティブに。

 

昔の柔道漫画でもありました。

 

俺ってストロングだぜ〜!!

 

そう思って英語に取り組むと、なんだか前向きにできるような気がします。

ちょっとしたコラムみたいな〜職業経験〜

大学卒業してからフリーターとして色々してきましたが、僕がやってきたお仕事を簡単にですが紹介したいと思います。

 

コンビニ

青い制服のアレです。なんだかんだ3年近く続けましたが、夜勤だったので常連のお客様と仲良くなるチャンスなどもあってそこは楽しかったです。

しかし、オーナーが人を雇わない+シフトを入れないので、あまり稼ぐことができず、さらに途中から夜勤(10~6時)を一人で行わなければいけなくなりました。

そしてシフトの数も減らされ、収入がだいぶ減って少ししてから退職しました。その頃に留学を決意し、しっかりと稼げる仕事をしようという流れにもなりました。

あと良かった点は、暇な時はケータイをいじるか漫画を読むかというテンプレの流れと、廃棄を食べたり、持ち帰ったりしていました。(うちの店は半額で買取でしたが、店長代行が許可してくれたのでw)

ただ仕事が終わってやることなくなったから一休みしていたらオーナーに怒られたこともあります。それまで休みなく働いたのに。他の人はタバコ休憩とかとっていたのに。そして、オーナーの仕事をオーナーが来ないから代わりにやらなければいけないのですが、時間までにできないと他の時間帯の人に引き継ぐと怒られるという理不尽極まりないアレがありましたねぇ・・・

本当は別にやりたいことがあってすぐ辞めるつもりだったけどこんなに長期で働いて何も得ることがなかった、私の黒歴史です。

 

パチンコ屋

コンビニをやめた次の月にはパチンコ屋で1年ほど働きました。

パチンコ屋はよくも悪くも体育会気質で挨拶が厳しいと言われましたが、柔道部で声のでかさに定評のある私にはあまり関係のない話だったかもしれません。

退職して1年半経ちますが、ここの人たちとは未だに連絡を取り、ご飯に行ったり遊んだりするくらい仲良くなることができました。

ただ最初から順風満帆というわけにはいかなかったです。

私の担当の社員が新人から2か月同じシフトで育てるというシステムだったのですが、その人と私が全く合わずに、いつも困っていました。中にはそんな嫌な人もいたけど、最終的にはみんなと仲良くなることができてよかったです。

パチンコはエラーもたくさんありますが、専門用語を覚えなきゃいけないことも多々あったので、とても大変でした。その上僕はパチンコをほとんどやったことがありませんでしたし。

はじめは辞めたくて辞めたくて仕方なかった職場ですが、その前の暗黒の3年と比べることができないくらい充実した1年になったと思います。

 

旅館

その後フィリピンに留学をしてから、ロスへ留学する約半年の間に旅館で働きました。というのも、セブにいた頃の友人に何人かリゾートバイトをして稼ぐといった人たちが多くいたので、自分も3か月ほど働いてロス留学の足しになればと思いました。

ネットではいいところと悪いところがありますよ!なんてものもありましたが、蓋を開けたら大惨事!(笑)調理場のジジイには毎日怒鳴られ、貴重な年末年始は潰され、そのくせ平日にシフトが一切入らず、土日だけ都合よく使われました。寮も汚いし風呂場なんて入っていられないので毎日温泉入って帰りました。同期の40くらいの男性だけが味方でしたが、それ以外はみんなクソだと思っていましたね。

さらにシフトを当日まで出さないのにこっちから連絡していちいち確認を取れというスタンスが私は気に入らなかったので(遅いのはそちらの責任なのでそっちが伝えるべきという考え)契約前に打ち切りました。辞める際も退職のことをエージェントに伝えて、エージェントから了承をもらったのにも関わらず、そんなの聞いてねぇの一点張り。あと食事補助とありましたが、ご飯と味噌汁と漬物で終わり・・・なんて日もざらにありました。そもそも最初の仕事の内容と全然違うんですけどーから胡散臭かったけどねw

寮のお金は無料でしたが、平日ずっと休みで、わざわざ伊香保というど田舎に滞在する理由がないので、私はずっと実家の高崎に滞在していました。

職場次第だし、向いている人、いない人たくさんいるだろうけど、僕はもう二度としません。

唯一良かったことは英語話せるスタッフがいないので、外国人対応させていただいたことと、ネイティブの日本人の方や、お医者さんで英語学習にも力を入れていたお客様とたくさんお話させていただいたことです。

もう一つ言うと、チップをもらうこともありましたが、チップの半額を女将さんのような人にあげて、半額もらうというルールでしたが、私は全額自分の懐にしまっておきましたww

 

パチンコ②

ロスの留学の後に働いている現在進行形の職場。

まだ日が浅いですが、人間関係も良好で、すでに気に入っています。

来年からオーストラリア行くつもりなので、すぐに退職になると思いますけど・・・

土曜の丑の日に鰻丼を支給してくれるなど、ものすごくスタッフに優しい職場に思えます。前の旅館がクソすぎたので、泣きそうです。

 

 

とまぁ、そんなに多様性溢れているわけではありませんが、こんな感じに彷徨ってます。少し不満の方が多かったかもしれませんが、仕事内容よりも職場の人間性だよなーって心から思います。

どれだけ楽しく時間を使うか、それが充実した人生につながるのではないかなーなんて思います。

 

英語のトピックではないけどこんな感じで。

TED TALKSをみて。

f:id:summer_ta89:20170805020200j:plain


こんばんは。先ほどTED TALKSと言うテレビ番組がたまたま流れたので見ていました。

 

英語学習者なら一度は通るであろうこの番組。私はフィリピンのセブで留学してから知りました。(というのもセブに行ってから英語を始めたためw)

 

私がいた学校ではマンツーマンが4時間、グループが2時間の合計6時間授業がありましたが、授業の後の夜にも、自由参加の授業として、フリートークディベート、ミュージック、TEDと4科目参加することができました。

 

もっとも初心者だった私は、平日の単語テスト+DUOを丸暗記するという作業でなかなか出席することができませんでしたが。

 

フリートークなどは初心者でも出席しやすい時間でしたが、TEDは完全に上級者向きでしたね。一人東大生の学生がずば抜けて何か答えてましたが、全くわかりませんでした。

 

そんなTEDは教育テレビで毎週放送されているみたいですが、日本語の翻訳が表示されています。今の私の実力では理解することはできませんが、とりあえず見ないで聞き取ってみたり、あとは日本語の方を見て、使われる単語を推測してみたりと試行錯誤しています。

 

いつかこんな英語を聞き取れるようになりたい!そう志を高く持って勉強していきたいですね。

 

最近少しだらけている自分がいるので、試験まで時間がないのでしっかりと勉強を追い込んでいけるように頑張りたいです!

Language Exchangeに参加しました〜

日曜日、Language exchangeのイベントに参加してきました。

 

今回は中学と高校の同級生とともに。

 

その友人とは高校卒業以来疎遠でしたし、むしろ高校時代もろくに会話をしていませんでしたが、たまたま飲みに行った先で出会い、現状(笑)を話していたら参加してみたいとのことだったので連れて行きました。

 

さて、今回のテーマはcelebrity と rich

お金持ちになったらどうなるのか、どうしたいか。とか有名人などについて話しました。参加者はインストラクターのアメリカ人と、もう一人アメリカ人が参加していました。日本人は僕たちの他に、女子大生が一人、そしておじさんが一人。

 

あんまり助けにならなかったけど話し慣れていない友人をサポートしつつ、楽しく時間を過ごすことができました。

 

滅多に使わない単語を使うこともできましたし。

autograghとか、financial aid とか。

ほぼほぼDuoの文章そのまま言ったのもありましたが、同級生からすると相当すごく感じたようです。なおこの同級生はセンター試験現役で170点を取っていたとのことなので、英語の基礎的な能力は忘れているとはいえ高かったと思われます。(なお僕は運良く120点w)ちょっと前置詞どう使うか悩んでしまったのが反省点です。

 

また、いつも授業の後に勉強のアドバイスをくれるインストラクターに、この前のTOEICの結果を言ったらものすごく喜んでもらえました。またそれを聞いた女子大生からも賞賛の声が。

 

そういったことがまたがんばりにつながりますよね!?

 

アルバイトもスタートし、時間が限られる中で勉強していかなければならないですが、しっかりと毎日コツコツと進め、自分の目標を達成できるように頑張りたいと思います。